ミツバチが作るその他のスーパーフード

プロポリスの効能を上手に活用して、体の不調を撃退しよう!

投稿日:

寝転がる少女

ハニャー
ねえマヌタくん、プロポリスって何?
簡単に言うと、ミツバチが植物の新芽から分泌物や樹液を集めて作った天然の抗菌剤だよ!
マヌタ

よくいろんな製品に「プロポリス配合」と書かれていたりして聞き馴染みがあるかと思いますが、プロポリスも、はちみつやローヤルゼリーと同じくミツバチが作っています。

プロポリスには強い抗菌力があって、ばい菌や害虫からミツバチの巣を守る働きがあるんだ。
マヌタ

ミツバチは植物の新芽から集めた分泌物と自身の酵素を混ぜ合わせてプロポリスを作り、それを巣の出入り口などに塗りつけ、大切な住居を病原菌などからシャットアウトしてくれます。

ミツバチの巣の内部は常に35度ほどに保たれており、普通ならカビやばい菌の温床になってしまいます。それを防ぐためにミツバチはプロポリスを作り、うまく利用しているのですね。

ハニャー
へぇ~、自分たちで抗菌剤を作ってるんだ。
そして強力な抗菌作用のあるプロポリスは、2000年以上も昔から人の暮らしにも欠かせないものだったんだよ。
マヌタ

プロポリスは僕たち人間も怪我や化膿止めの薬として有効活用してきました。第二次世界大戦のころまでは傷ついた兵士の治療にプロポリスの軟膏が使われていたほどです。

それだけでなく、感染症による皮膚病や皮膚炎、難治性の化膿症などの強力な治療薬としても使われてきました。

外国では正式な医薬品として扱われていたりするくらい、効き目があるんだ。
マヌタ

日本では医薬品として扱われていませんが、それはむしろ私たちにとってラッキーかもしれません。こんなに強力で、しかも安全な抗菌薬を自分の家でうまく工夫しながら、健康維持に役立てることができるのですからね。

ハニャー
僕もプロポリスをうまく使いたい!

そういうわけで今回はプロポリスの効果・効能と、効果的な食べ方、使い方などについて書かせていただきます。プロポリスはとても役に立つ健康食品なので、ぜひ読んで良さを理解していただけたら嬉しいです。

プロポリスの効果・効能

はにかむ女性

プロポリスにはさまざまな効き目がありますが、ある著名な研究者の著書では次のような症例に効果があった報告されています。

【局部塗布】

  • 喉頭炎および下喉頭炎
  • 鼻炎
  • 口内炎
  • 耳炎
  • 歯肉炎
  • 歯髄炎
  • 歯痛
  • 舌炎
  • 感染症歯疾患(膿瘍および抜歯併発症)
  • 眼瞼炎
  • 膣トリコモナス症
  • 打撲傷
  • 切り傷
  • 熱傷(火傷)
  • しもやけ
  • あかぎれ
  • 湿疹
  • 乾癬
  • 皮膚の糸状菌症
  • 痔疾
  • 頭髪の育毛 など。

【経口投与】

  • 胃炎
  • 腎炎
  • 肝炎
  • 膵炎
  • 気管支炎
  • 肺炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 前立腺炎あるいは肥大
  • 疲労(体調不良)回復
  • 免疫力増強
  • 糖尿病や高血圧の改善
  • 白髪の黒化(年齢には寄らないが、体質的な個人差が大きい) など。

ーーーー『プロポリスでガンは治るのか⁉』著:松野哲也 より抜粋。

ハニャー
すっごいたくさんの症状に効くんだねぇ。

プロポリスの使い方

笑う女性

外国では古くからプロポリスは医薬品として扱われ、日常的に活用されていましたが、実は日本で広く流通するようになったのは1980年代に入ってからです。

ハニャー
ふむ、わりと最近なんだねぇ。

というのもプロポリスは西洋ミツバチしか作る習慣がなく、日本ミツバチは作らないからです。だから日本人にはなじみが薄かったんですね。

1985年に名古屋で国際的な養蜂の学会が開かれたことでプロポリスも注目されるようになったんだよね。
マヌタ

外国と比べると種類こそ少ないですが、今では日本でもさまざまなプロポリスを手に入れることができます。

いろんな抽出法(アルコール抽出法や、ノンアルコール抽出法、水抽出法、ミセル化抽出法など)のものがありますが、一番手に入れやすいのはアルコール抽出法の製品のようです。

『はちみつ日和』(著:前田京子)という本の中で、そのアルコール抽出法のプロポリスを素材としたさまざまな活用法が紹介されていたので、そこからいくつかピックアップさせてもらおうと思います。

実際に試してみる場合はアレルギーチェックのために、まずほんの少しだけ手首の内側などにつけて異常がないか確認しましょう。

スプレーボトルに入れて使う

なるほど、と思ったのがスプレーボトルに入れて、気になる患部に直接吹き付けるという方法です。

吹き付けるっていう発想が僕にはなかった!
マヌタ

プロポリスは咽頭炎や鼻炎、口内炎に強力に効きますが、スポイトで患部に当てるのは結構大変なんですよね。なのでスプレーボトルに入れてシュッと吹き付けられるのは名アイディアです。携帯もしやすいですし。

それから水やジュースに混ぜて摂取するよりも、成分が体内に吸収されやすいため、風邪やインフルエンザ等の感染症の予防効果も発揮しやすくなります。

やり方は、100均などに売っている市販のスプレーボトルにプロポリスをうつし、

  • のどが痛いときや鼻炎の時はのどに吹き付ける(のどから鼻の粘膜までプロポリスが届く)。
  • 歯痛や口内炎が気になるときには、お口の中でピンポイントで。
  • その他、体の表面の幹部にも直接吹き付ける。
  • 風邪やインフルエンザを寄せ付けたくないときは、舌の裏や、のどの奥に吹き付ける(こうすることで、苦みを感じずに効率的な摂取ができる)。

こんな感じです。寝る前や、起床時、外に出かける前や帰ってきたときに行えばさらに効果的のようです。

はちみつと混ぜる(塗布用)

はちみつにも強い殺菌力があり、切り傷や火傷を負った際などにはよく塗って使われたりしますが、その時にプロポリスを混ぜておくと効果倍増、ということですね。

関連記事1:「やけどや傷に「はちみつ」を塗って、痕を残さず治そう!驚きのマヌカハニーの力!」

関連記事2:「ニキビやデキモノはマヌカハニー(はちみつ)で綺麗に治そう!」

ちょっとした傷なんかはすぐにきれいに治るよ!
マヌタ

僕もよくニキビができた時とかに、はちみつ塗ってます。まだプロポリスを混ぜて使ったことはありませんが、いつもより特に気になるニキビや吹き出物を治したいときに使いたいですね。

「外用:プロポリス入りはちみつの作り方」

【材料・用意するもの】

  • 天然はちみつ・・・200g
  • プロポリスエキス・・・0.5g(12滴、または小さじ1/8杯)
  • ふた付きの広口びん(200mlほどの容量)
  • 木製のへら、または竹串

【作り方】

  1. はちみつ、プロポリスを広口びんの中で、木製のヘラや竹串を使い、よく混ぜ合わせる。
  2. しばらくの間は、プロポリスが上層に上がってくるので、使う前によく混ぜる。

【使い方のコツ】

やけど、傷、歯周病、口内炎、鼻炎、あれたくちびるなどのケアに必要に応じて、綿棒や指先で患部にぬる。

注:このレシピのプロポリスの濃度は0.25%。市販の一般的な「プロポリス入りはちみつ」にも多い濃度となっている。

はちみつと混ぜる(内服用)

もし急に具合が悪くなった時や、しつこい不調に悩まされているとき、はちみつにプロポリスを混ぜれば、副作用のない抗生物質入りの強力な栄養剤として摂ることができます

ハニャー
はちみつも強い殺菌力があるから、二つが合わさればかなり効きそうだね!

すぐに痛みや不調に対処したいのに、病院がやってなかったり手元にちょうどいい薬がないときなどにうってつけです。もしくはなるべく薬を飲みたくない人(僕の母がそうです)にもかなりおすすめです。

けっこう薬に頼りたくない人って多いんだよね。
マヌタ

それからはちみつとプロポリスは基本的に薬との食べ合わせが悪いということがない(薬の成分とバッティングしない)ので、病院で出される治療薬との併用や、治療薬の副作用を和らげるために利用されている例も多いそうです。

プロポリス軟膏

優れた化膿止めでもあるプロポリスは、応急処置薬として戦争時にも使われるほどでしたが、そんなプロポリスを馬油に混ぜると強力な軟膏が出来上がります

ハニャー
たしか馬油は単体でも傷とか火傷に効くんだよね。

プロポリスの原液を直接傷などに付けると沁みる場合もありますが、馬油と混ぜ合わせれば付けた時の刺激も緩和され、効果もさらにアップするので一石二鳥というわけですね。

「プロポリス軟膏の作り方」

【材料・用意するもの】

  • 馬油・・・16g
  • プロポリスエキス・・・0.5g(12滴、または小さじ1/8杯)
  • 軟膏容器(20mlほどの容量)
  • 竹串

【作り方】

  1. 分量の馬油とプロポリスを容器に入れ、竹串を使ってよく混ぜ合わせる。気温が低く、馬油が固いときは60度くらいのお湯につけてゆるめるとよい。
  2. 冷暗所に保存する。気温が高く、出来上がりがゆるいときは、冷蔵庫で冷やし固めるとよい。

【使い方のコツ】

やけど、擦り傷、切り傷などの外傷や、湿疹、肌荒れ、乾燥肌、にきびなど肌のトラブルケアに必要に応じて適宜、患部にぬる。

注:このレシピのプロポリス濃度は約3%。

プロポリスの種類

寝転がる三人の女性

プロポリスはミツバチがどの植物から作り出したかによって、その成分や香り、味や色などがことなりますが、最近では「ヨーロッパタイプ」と「ブラジルタイプ」の二つに分けられるようです。

特に質が高いと言われているのは「ブラジルタイプ」のグリーンプロポリスと呼ばれるもので、抗酸化や抗菌、抗ガン作用のあるフェノール酸類や、アルテピリンCなど、グリーンプロポリスにしか含まれていない成分も少なくありません。

グリーンプロポリスは南米などに生えているユーカリやアレクリンっていうキク科の植物からつくられるんだよ。
マヌタ

プロポリス製品の全体としてもやはりこのブラジルタイプのものが多いので、選ぶ際はその中から選ぶと選択肢が増えていいと思います。

<個人的におすすめのプロポリスです。>

まとめ

さて、駆け足でプロポリスのことを喋ってしまいましたが、いかがでしたか? プロポリスは副作用のない、気軽に使用することのできる天然の抗生物質なので、すこし体調が悪いかな?という時など、ぜひ使ってみてください。

ハニャー
僕もプロポリス使ってみようかな。
うん、そうしなよ。絶対後悔しないと思うよ。
マヌタ

プロポリスをはじめとするローヤルゼリーやはちみつなどのミツバチ食品は驚異的な力を持っていて、僕たちの強い味方になってくれます。

薬で治せなかった慢性的な不調や病気なども、自然の摂理から作られたこれらのスーパーフードで治ってしまうという例も多くあります。

現代ではさまざまな健康食品やサプリがあふれていて、どれが本当に効くのか真意が定かではなく、また確かめることも難しくなってきていますが、マヌタ君の言うとおり、ミツバチの生産品は試しに購入してみて後悔する可能性はかなり低いと思います。

それくらいミツバチ食品と人間の体の相性は良いと僕は思っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

キャンペーン情報

-ミツバチが作るその他のスーパーフード

Copyright© マヌカハニー・ラボラトリー , 2018 All Rights Reserved.