マヌカハニーの効果

マヌカハニーで虫歯と歯周病を予防できる?毎日食べて実験してみた話。

投稿日:

マヌカハニー(はちみつ)を寝る前に食べても虫歯にならないと聞いた時、めちゃくちゃびっくりしませんでしたか?

本当なのかなーと調べると、マヌカハニーの糖分は砂糖のものとは違うから、だとか、マヌカハニーの殺菌力で口の中を殺菌してくれるから、などというそれらしい理由がでてくるのですが、子供の頃から寝る前に甘いものはダメっと言われてきた身としては、にわかに信じがたいところがありますよね。

かなり深く調べても、やはり虫歯予防に良いという情報がほとんどですが、実際のところはどうなんだろうと疑問に思ってしまいます。

そこで、僕は自分で試してみることにしました。寝る前、歯を磨いた後に毎日食べつづけても本当に虫歯にならないのか。

今回はその実験結果について書きたいと思います。

なぜマヌカハニーは虫歯と歯周病予防の効果があるのか

ではマヌカハニーはなぜ虫歯と歯周病予防に効果があるのか、基本的なところをちょっとおさらいしてみましょう。

マヌカハニーは虫歯の原因菌であるミュータンス菌を減少させる

マヌカハニーには強力な殺菌成分があり、口の中で繁殖している、虫歯の原因菌ミュータンス菌の殺菌効果が期待できます。

海外の研究で、9~12歳の子供の歯や舌にUMF20+のマヌカハニーを5mlほど塗ったあと、一分間放置してから唾液ごと吐き出し、その後30分間は何も食べず、口もすすがないという実験を、朝食と夕食後の1日2回、計3週間おこなったところ、ミュータンス菌の現象に効果があったという報告があります。

マヌカハニーの糖分はフルクトース(果糖)とグルコース(ブドウ糖)という虫歯になりにくいものである

基本的に甘いものは虫歯の原因になりやすいですが、それは砂糖に含まれている糖分のスクロース(ショ糖)の場合の話。

マヌカハニーの糖分はフルクトース(果糖)とグルコース(ブドウ糖)という虫歯になりにくいものであるため、甘くても砂糖のように歯に悪くないのです。

フルクトース(果糖)とグルコース(ブドウ糖)などは、単糖と呼ばれる糖分で、これ以上分解しようがない物質なので、ミュータンス菌が虫歯の原因となる物質をつくることができません。

マヌカハニーにはリン酸カルシウムが含まれており、歯のエナメル質が溶けるのを軽減してくれる

マヌカハニーに含まれているリン酸カルシウムはそのエナメル質の溶解を軽減する作用があります。

虫歯のきっかけは歯のエナメル質が溶けてしまうことなので、そのエナメル質の溶解を防ぐことは虫歯予防に置いてとても大事なことなのです。

半年、毎日欠かさずマヌカハニーを食べ続けた

エグモンドハニー

自分での実験を決めてから、僕は半年間、毎日欠かさずに、スプーンいっぱいのマヌカハニーを寝る前(歯磨き後)に食べ続けました。

僕はけっこう歯磨きをしっかりやるほうなので、念入りに歯を磨いて、そのあと更に歯間ブラシを使ったあとに、スプーン一杯分のマヌカハニーを口に含み、口全体にまんべんなく行き渡るようにしてから、ゆっくりと飲み込んでました。

もちろん、実験する前に歯医者に行って、虫歯がないことは確認済みです。

ちなみに使ったマヌカハニーはストロングマヌカハニー(MGO860+) という日本人がニュージーランドで生産している人気のマヌカハニーです。

半年後に歯の検診に行った結果は問題なし!

実験を続けて半年後、かかりつけの歯医者に行って歯を診てもらったところ、虫歯はありませんでした

もし虫歯があったらどうしよう、、、とちょっとヒヤヒヤしてたんですが、大丈夫でしたね。

まあ海外ではオーラルケアにマヌカハニーを使うというのはけっこう一般的なようですし、実を言えば、毎日欠かさずというわけではないですが、僕はここ2年間くらいずっと夜にマヌカハニーを食べていたんですよね。

だから十中八九大丈夫だろうと当たりはつけていたんですが、ちゃんと歯医者さんに診てもらうまでは確信できなかったので、すこし不安があったわけです。

でも、晴れて確かめることができたので達成感と言うか、けっこう嬉しかったです。

この結果がどなたかの参考になれば嬉しいです。

寝る前にマヌカハニーを食べる前の注意点

「寝る前にマヌカハニー食べても大丈夫なら今日からさっそく食べてみよ!」と思っても、その前に下記の注意事項を読んでみてください。

歯磨きはしっかりしないと虫歯になります

マヌカハニーが虫歯の原因にならないからと言って、ちゃんと歯を磨かないと虫歯になります。

マヌカハニー自体には虫歯の原因となる要素はほとんどなく、ミュータンス菌の殺菌効果さえありますが、食べかすが多く残っていると、もう余裕で虫歯になるそうです。

マヌカハニーが口の中全体を殺菌して食べかすや虫歯菌を跡形もなくなくしてくれるわけではないので、しっかりと歯を磨くようにしましょう。

マヌカハニーはカロリーが低いですが食べ過ぎると太ります

マヌカハニーは砂糖と比べてだいぶカロリーが低いです。

なので、ダイエット調味料として砂糖の代わりに用いられることもとても多いですが、カロリーがゼロなわけではありません。

あくまで砂糖と比べるとカロリーが低いと言うだけの話であって、食べ過ぎると糖分過多で太ります。

寝る前のはちみつはとても美味しいので、たくさん食べたくなりますが、ティースプーン1杯くらいでやめておきましょう。

食べるならなるべくグレード数値が高いものを(理想を言うならUMF20+以上)

それから食べるマヌカハニーの数値もなるべく高いに越したことはありません。

虫歯のなりやすさには個人差があるので、数値が低いもの(UMF5+とか)だと殺菌効果が不十分、という可能性もあります。

もし虫歯になってしまったら元も子もないので、念には念を入れたいところです。

僕は最低でもUMF12+以下のものは寝る前に食べないようにしています。

寝る前にマヌカハニーを食べると虫歯予防以外にもメリットがあります

今回はマヌカハニーの虫歯・歯周病予防の真偽に焦点を当てましたが、じつは寝る前にマヌカハニーを食べるとそれ以外にも多くのメリットがあります。

たとえば、口臭軽減。これは僕の場合、かなり顕著に出ます。歯を磨いてからマヌカハニーを食べて寝ると、朝起きたときの口のすっきり感がぜんぜん違うのです。

妻にも口の臭いが無臭に近くなったと言われます。年をとるにつれて、なんだか口の臭いがきつくなってきたような気がしていたので、これはとても嬉しかったです。

あとは安眠効果ですかね。寝付きも良くなり、疲労の回復度も上がった気がします。

これにはちゃんとした化学的な根拠があって、はちみつにはコリンとトリプトファンというリラックスと安眠にとても良い成分が含まれているからです。

ただ美味しいからリラックスできて寝付きが良くなったというだけではないのですね。

他にもいくつかあるのですが、僕が大きく感じたのはこの2つになります。

これ以外のメリットの詳細などは「はちみつを寝る前に食べると良い理由と、その意外な効果とは??」という別の記事に書いてあるので、興味が湧いた方はぜひ読んでみて下さいね。

 

キャンペーン情報

-マヌカハニーの効果

Copyright© マヌカハニー・ラボラトリー , 2019 All Rights Reserved.